聖音0Mについて

 

ヨーガのセッションでは開始時と終了時にマントラを唱えますが、その最も短くシンプルなものが0Mです。

「オウム」と呼びますが、実際には「オーウーン」と発音します。

 

マントラとは、真言のことです。

マントラは、何度も繰り返し唱えることによって思考や感情を鎮めることを狙います。その時にネガティブな言葉では鎮まるものも静まらないので、よい言葉、神聖な言葉を唱えます。

 

その、最も短い、万物の始まりから終わりまでを意味するマントラが、聖音OMである、ということです。

 

しかしこのマントラ、日本においては大きな差別を受けてきました。いうまでもなく95年に起きた地下鉄の事件による影響です。

マントラのみならず、市民会館などは軒並みヨーガサークルの施設利用を断り、ヨーガ教室は生徒数が激減したといいます。ヨーガそのものが世間から白い目で見られる時代が続きました。

 

ヨーガはこの時に、マントラや瞑想など宗教を匂わせるものを全て諦めて、体操に専念するという形をとり、なんとか生き残ってきた事情があります。数年前に大きなムーブメントとして起きてきたマインドフルネス瞑想が、巷のヨーガスタジオでも開催されるようになってきた現在、時代が変わりつつあるのは確かですが、まだ、宗教に対する偏見が脈々と生き続けているのも事実です。

 

そして先日、23年の時間を経て、ついに刑が執行されましたが、私も少なからずショックを受けました。

実は、一部の理解のあるクラスでは以前からオウムを唱えてましたが、全てのクラスでもつい先頃からマントラを唱えるようにしていました。これは皆さんだけでなく、私自身の自己規制をも払拭するのが狙いだったのですが、この日はさすがに唱えることはできませんでした。

 

 

ところで、勿論のことですが、日本を一歩出れば、OMはヨーガにおいて最も大切なマントラにすぎません。それはカルトを思い起こさせるものでも怪しいものでも不快に感じるべきものでもありません。

 

そして、これはマントラに限ったことではなく、この国で生きる我々は「宗教そのもの」に対して不信感を持っています。

 

 

このあたりをどう整理してゆくか、引き続き考えて行きます。

瞑想を始める

 

なぜ瞑想をするのでしょうか、何かを得るためですか。もしくは、ほかにはなにをやってもうまくいかなかったからでしょうか。瞑想を始めるといっても、色々と動機はあると思いますが、一番大事なことをお話しします。

 

一つ明らかなのは、瞑想とは、他の誰でもない自分自身の心を扱うものだということです。

人は、自覚するしないに関わらず、それぞれに問題を抱えながら生きていますが、それら様々な問題をどうやって解決するか、これが鍵です。

何か欠落によって問題があるならそれを満たすことで解決するし、状況に問題があるなら状況を変えればいい。

 

はたしてそうでしょうか。

 

一見うまくいきそうですが、そううまくいかないことは経験的にわかるはずです。ですから、問題は次から次へと起きてきます。問題とは、終わることなく起こってくるものです。

 

なぜなら、人の心はあらゆるものごとを問題視することに長けているからです。

このことを仏教では「分別」と言いますが、良い意味ではなく、ものごとを判断して「良い」「悪い」と仕分けすることを指します。ものごとにたいしてあれこれと思考を働かせて、いらぬ心配をしたり、何度もなんども後悔したりする。ものごとを問題視することこそ、われわれの思考の主な仕事です。

 

そうやって、次から次へと起こる問題をなんとか解決しようともがき続けるうち、自分を取り巻く「外の世界」をどうにかすることで問題を解決しようとするベクトルは、そもそも違うのじゃないかとだんだんわかってきます。問題は、自分を取り巻く世界を問題にしてしまう、自分自身なのではないか。

 

この、自分自身にベクトルが向くことによって初めて瞑想は始まります。

ここがスタートでもあり、そしてまっすぐゴールにつながってゆくところでもある重要なところです。

ところが、「状況や他者が問題なのではなく、それらを問題視する心が問題なのだ」ということに気づくのはそうたやすいことではありません。この難しさが、そのまま瞑想を実践する、あるいは実践し続けることの困難さに現れてきます。

 

瞑想で深めてゆく、この探求以上に意味のある探求はないという確信を、未熟ながらもヨーガを通して日々お伝えしていますが、もちろん私自身の拙さも理由ではあるでしょうが、実際に瞑想を始める方はもちろん、始めたはいいが続ける人はほとんどいません。私にとってそういう状況を目の当たりにするのは本当に勉強になります。人間の心とは、いったいどういうものなのかということを。

 

ところで、「世界は客観的に存在している」という、世間では疑いもしない事実を、実はそうではないのではないかとうすうす感じている部分が、誰にでもあると私は思っています。たとえば、この世界で奇妙に立ち回っている自分自身に対する違和感だとか。誰も疑っていることを実際に口に出すことはなくても、どこかで諦めながら奇妙な世界を立ち回っているのではないかと。

 

瞑想は、ここにいかに素直になるかが勝因となってきます。

 


瞑想とは

 

 

To study Buddhism is to study about yourself, to study yourself is to forget about yourself

(ゾンサル・ケンツェ・リンポチェ)

 

 

今月末に瞑想会をするのですが、まず瞑想ってなに、ということを説明しなければならないわけで、すべてはほぼここにかかっていると考えています。

 

私は、本当に幸運にも実際に瞑想に入っていった人に巡り会えたので、この人を通して「瞑想」がどういうものかということが少なからず分かるのですけど、そうすると巷で目にすることの出来る、瞑想やマインドフルネスについての説明が、非常に難解であり謎にみちているのがよく分かるのです。

瞑想とはもっとシンプルであり、かつ非常にラディカルなものです。

 

瞑想として何をするかと言うと、まずは何かに集中することをします。集中する対象は様々ですが、最もオーソドックスなのが呼吸に意識を向けることです。アーナパーナサティといって仏典にもある瞑想法。

 

ところで、実際にこれをやってみればわかりますが、呼吸に集中するなんてことは全然出来ません。吸って、吐いて、吸って、吐いて、、くらいは出来るかもしれないけど、すぐに「そうだ帰りにあれやらなきゃな」とか全然違うことを考えている。

 

瞑想者は、まずこの事実をまざまざと自覚しなければなりません。

 

いいですか、瞑想は「この自分」がするものじゃないです。

しかし、我々はずっと「この自分」できたので、この自分以外で瞑想すると言われてもよくわからない。それでも瞑想を続けていくと、ある事実がわかってきます。

 

「この自分には、瞑想はできない」ということ。どんなに頑張っても呼吸に気づき続けることなど、自分にはできません。このことを自覚するということは、一種の敗北と同義であり、敗北しきるには徹底的に負けを認めなければならない。ヨーガナンダという人は、このことを「エゴを手放すことは、悪い歯を一つ残らず抜くようなものだ」と言いましたが、これは悪い歯なのです。あれば痛み続けるし、抜くとなればそれもまた痛みをともなうのです。

 

では、瞑想体験としては具体的にどういうものかというと、これは意図せずかってにやってくるものです。というか、意図しているうちは、まずやってきません。やってきたその場所では、あらゆることが可能です。呼吸に気づくことも出来るし、すべての人に慈悲を持つことが出来ます。そして、身体にも心にも不快なものは一切存在しない。

 

ここに入ってゆくには、瞑想に入ろうとか、呼吸を見ようとする「我」を手放すしか方法はありません。

 

このことをもう少し整理すると、いくら頑張っても瞑想に入ることの出来ない自分があり、同時に、瞑想に入って呼吸をみることが出来る自分がある、二つの主体がある、ということになります。このことをそもそもふまえていないと、どこまでも「この私」が瞑想に入ろうと頑張って徒労に終わる、という事態を免れることはできません。

 

ケンツェ・リンポチェの言葉通り、ブッダの教えとは、自分自身を学ぶことであり、自分自身を忘れることです。

 

瞑想に入ることの出来ない、忘れるべき、あるいは手放すべき自分と(それは実は虚構の自分なのですが)、そしてそもそもの本質的な自分、この二重構造を我々は生きています。

 

そして、手放すべき我(エゴ)は、いずれいやでも手放さなければならない日がやってきます。エックハルト・トールはこう言います。(「The Power of NOW」より)

死は、わたしたちから「本当の自分」でないものを、すべて剥ぎとってしまう。

 

生きることの秘訣は、「(肉体が)死ぬ前に死ぬこと」であり、しかも「『本当の自分』は死なない」と、

さとることだと言えるのではないでしょうか。

 


知と信

前回、努力や意志を超えたところにある縁について書きました。

もっというと、縁があるということは、既に知っているということではないかと感じるのです。

 

瞑想も、努力や意志を超えたところにあるなにかに触れてゆくものですが、その場所は、それこそ努力や意志を拒絶する決定的な断絶の向こうにあります。ですから、瞑想に入るということは、あるジャンプが必要になります。禅ではこのことを「百尺の竿頭」と言ったりするようですが、要するに百尺もある竿の頂点から一歩踏み出せば普通は真っ逆さまですが、その一歩先にあるものに対する信があれば踏み出せる、ということ。Leap of faithという言い方もありますが、同じです。

 

断絶を飛び越えさせるもの、これが「信」です。

向こう側に対する信頼、これがなければ一歩踏み出せない。

ところで、向こう側に行くには努力も意志もきかないのでした、ここを飛び越えさせるものは、(自分の)努力や意志を超えた絶対的な信頼です。

ここを超えるには自分(エゴ)を手放さなければならないわけですが、しかしこれは簡単な仕事ではなく、私の先生は「ありとあらゆることが必要」だといいます。ですから、ヨーガやあらゆる宗教には戒律があるわけです。

 

さらに、エゴを手放すには、手放した先に対する信頼が必要だといいます。

そこで、こういう疑問が湧くわけです。手放した先を信頼するには、それを知っていることが必要ではないか、とね。そうすると、向こう側を知るためには信が必要であり、しかし、信にはそれを知っているという前提が必要であり、卵が先か鶏が先か、と、こういう疑問が湧いて来るわけです。

 

 ここで最初に戻るのですが、また「縁」が出てくる。

「知」には「信」が必要であり、「信」には「知」が必要なのだけど、この断絶を超えさせるものは、やはりどこからともなくやってきた信、あるいは確信だと感じます。

 

もう少し詳しくいうと、すでに知っていた、以前から知っていたという感触。この感触から自然に口をついて出て来るのが「縁」という言葉です。

 

 

ヨーガにもバクティという信仰を説くものがありますが、あれは(妄信的な)信仰ではなく、この確信に触れてゆくことを説いたものです。

 

 妄信の意味での信仰の、なんと頼りないことか。

 

そもそも信とは確信のことであったはずですが、現在ではほぼ妄信の意味で浸透しています。このことが宗教を人々から敬遠させる大きな理由になっていると考えています。

特に、このあたりの言葉は手垢にまみれていますが、我々はまず言葉には手垢がついてしまうことを知らなければなりません。


仏縁

不思議なことですが、あることとの縁のある人とない人とがいます。

あることとは、ここでは仏縁と呼んではいますが、何も仏教に限ったことでなく、哲学者の永井均さん流にいうと「端的な事実」、あるいは誰にとっても普遍的な事実のことです。

 

瞑想を続けてきて四年目になりますが、色んな人たちが坐禅会に出入りするのを見てきて、「縁」というものの不思議さを感じてきました。

 

まず、お釈迦様が最初に説法したといわれる四聖諦(ししょうたい)「苦・集・滅・道」、一つ目の苦諦(くたい)を理解する人としない人がいる。

苦諦とは、「この世の一切は苦である」というブッダが発見した真理ですが、そうは感じないというのが世間のマジョリティーのようです。お坊さんたちの中ですら!
(写真は昨年南インドでのリトリートのヨーガクラスの様子)

 

 

苦諦は、それこそ入り口ですので非常に重要なものです。この世界とは、そしてそこに生きる「私」の存在とは、基本的に苦しみの存在である。これを理解しない限り、そこから出てゆくことも不可能なんです、入り口がなければ出口もない。

私がまだ十代の頃、お釈迦様が「この世は苦しみだ」と言っているらしいと知って、度肝を抜かれたのをおぼえています。「そうだよね!」と、この人は真実を語っていると直観的に感じました。そしてこれがニヒリズムではなく救いであることも。

 

 

で、ある事実があるわけです。しかしこの世というものはその事実をねじ曲げて隠してしまうことであらゆるひずみを抱えている。そのひずみがわれわれ自身を苦しくしています。ですから、この世界の在り方に何らか違和感を感じる、苦しさを感じるということは、ある事実への入り口なんですよ。

しかし、この苦を理解しない人がなんと多いことか。

 

あるいは、なんらか苦しさを感じて門を叩いたはいいけど、そこで出会ったある事実に対して、どうしても受け入れられないという態度があります。その人たちにとってそれがどう見えるかと言うと、「危険」であり、非常に怪しいものであり、時には怒りを感じるものであるようです。中には実際に攻撃してくる人もいる。「豚に真珠」ということわざがありますが、これはもとは聖書の中の一節です。真珠とは真実のことであり、豚に真実を与えてはいけないということを言っています。豚はそれを踏みにじって襲ってくるからです。

とまあ真実とは、多くの人にとってこれほどまでに受け入れ難いことのようです。

 

で、不思議なのは、これが真実であるとわかるこれ、この事態です。これについては頭の良し悪しとか生い立ちとかはまず関係ないです。何故よりによって私がこれをわかることができるのか、わかるからわかる、としか言いようがないわけですが、これが「縁」です。

 

 

さて、池田晶子さんは「わかる」のは自分ではないと言っています。

 

「わかる」と「わからない」の間には、意志や努力や他人の命令を拒絶する決定的な断絶がある。しかし、意志し努力し他人の命令に応じようとするところのものとは、ほかならぬ、「自分」、「自分の」力である。ということはつまり、「わかる」という事態は、「自分の」力によるものではない、「わかる」のはじつは自分ではないということなのだ。(『残酷人生論』より)

 

 

 

これは、縁なのです。