怒りの変容

怒りと言えば、ベトナムの禅僧ティク・ナット・ハン師です。「怒り」という著書もあるほどですが、ハン師の壮絶な人生は、常に怒りや悲しみと向き合うものでした。

ハン師は、ベトナム戦争を契機として、内面と社会と両方にかかわるEngaged Buddhism「行動する仏教」の実践をはじめます。戦争に伴うあらゆる苦しみを間近に見ることで、自身の怒りに向き合い続けた人でした。

https://www.tnhjapan.org/thich-nhat-hanh

 


 

ハン師は「腹が立ったとき、どうしたらいいですか?」という質問に対してこう答えています。

 

「腹が立ったときは何も言ってはいけません。何もしないほうがいいです。自分に戻って、ゆっくり息を吸って、息を吐きます。それを何回かして、何か行動を起こす前に、怒りの面倒をみてあげます。これは平和の行動になります。

すぐに反応したりしないんです。自分の怒りの面倒のみかたを知っていれば、ゆっくり呼吸しながら「今のはカチンときた。でも別に反応して行動する必要はない」とわかりますし、「この人は今、幸福でないから、あんなことをしたのだ」と思えますから、その人に対して思いやりを持ち微笑みます。これは大きな勝利です。」

 

 

理解することで、怒りが変容するのだといいます。

 

 

その具体的な体験を話しておられますので、以下に記します。

 

 

 

ある村を焼き尽くした米兵の記事を読んだハン師は、強い怒りを感じます。

 

「そこで私は実践者として自分自身に立ち帰り、じっと「怒り」を抱いていました。心を静め、何日もかかってようやく加害者への慈悲を感じるようになりました。彼らは「村を守る」といいながら村の人を殺してしまった。それは彼らが「間違った認識の犠牲者」だからです。正しい理解・正しい見方・正しい考えを持てなかった。だから彼らに対して怒るより、むしろ助け出すべきなのだと。」

 

 


 今日お話したいのが、この、変容が起こる場所について。ハン師の言う「自分自身に立ち帰る」という自分自身についてです。

普段の私たちが、理屈であれこれ考えて怒りをおさめることなど到底出来ないということは、おわかりですね。

 

では、どこで怒りに向き合えばいいのかというと、「自分自身」、すなわち本来の自己で怒りに向き合うことで、初めて、怒りは変容することができます。

このあたりについてはまた詳しくお話しできればと思いますが、まずお伝えしたいのが、「この私」には怒りを正しく変容に導くことはできないのだということです。ほとんどの場合、怒りのままに行動する、怒りを正当化する、怒りに蓋をして無視することしかしていません。怒りもエネルギーですから、ネガティブなまま放っておくと連鎖を起したり、あるいは巨大なエネルギーにまで膨れ上がることもあります。それ以前に、怒っている本人が一番苦しい思いをしているはずです。その苦しさが連鎖を起すのですね、よく見かける光景です。

 

 

もちろん、変容が可能な場所とは瞑想で入ってゆく場所以外にありませんが、これについてはまたいずれお話いたします。

**NHK こころの時代 禅僧 ティク・ナット・ハン 第一回 「怒りの炎を抱きしめる」を参考にしました。オンデマンドなどで視聴可能ですので、是非ご覧下さい。**