ヨーガと宗教

宗教という言葉がひどく誤解されているのは重々承知しています。

それでも敢えて、ヨーガは宗教であると言ってみたい。

 

ともすると「ヨーガは宗教にあらず」と語気も強く語られるし、私も実際にそう教えられてきましたが、なぜここまで執拗に宗教でないと主張しなければならないかというと、ヨーガは紛れもなく宗教であるからです。あるいは、宗教と呼べるものでしか扱えない問いを、ヨーガはその根本に据えているからです。

 

問題は、宗教にあらずと主張しなければならない現状のほうであり、要するに宗教というと「おことわり」されてしまうのが普通なわけです。「宗教」はどこに行ってもまずは嫌がられるものであるのは周知のとおり。

 

しかし、ヨーガが伝えるものは宗教に寸分違いません。

たとえば、「バガヴァッド・ギーター」などは最初から最後まで「これについて書かれていますが、

たとえば二章十八節、

 

全ての生き物は永遠不滅であり

その実相は人智によっては測り難い

破壊され得るのは物質体(にくたい)だけである

故にアルジュナよ 勇ましく戦え!

 

この文章を、宗教が扱うものを抜きに理解することなど到底不可能です。

 

にもかかわらず、ヨーガは宗教ではないと主張することでしか、生き残って来れなかったという、まぎれもない現実があります。

 

さらに、「ヨーガは科学だ」と説明されることが頻繁にあります。科学万能を、それこそ信仰のように信じ込んでいる今の時代に、ヨーガを科学的に説明することで信用を得ようというわけです。ここでいう信仰とは「確信」に対する「妄信」のこと。

 

たしかに、プラーナヤーマがどのように健康に良いかを科学的に説明できる面もありますが、そんなものがヨーガの説くものではないことは明らかです。

 

池田晶子さんによると、宗教とは、

「宇宙とは、なぜ存在すると君は思うだろうか。そして、この宇宙に、君の人生が存在するのはなぜだと思うだろうか。…科学はこの問いに答えることができない。…なぜなら、科学は、この宇宙が「どのように」存在しているかを説明するだけであって、「なぜ」そのように存在しているかと問うことは、最初からしないからだ。…このおそろしく素朴で、しかし決して避けられない問いに答えてきたのが、宗教だ。」(14歳からの哲学)

 

人間のエゴが宗教を騙るとことで、妄信となる。それを知っている我々は本能的に宗教を敬遠するのでしょうか。

しかし、本来、宗教とは池田さんのいうように人間の根源ともいうべきものです。これほど大切なものを、その他の妄信とひとくくりにして棄ててしまっていいわけがありません。

 

 

妄信による信仰と、自分の足元を掘り下げて行った果てにある確信とを峻別する必要があると思います。