思考が止まる

ヨーガとは心の作用を止滅することである

 

ヨーガスートラ 第1章2節。

 

心の作用を止めるとはどういうことか。

そもそも心とは何をさすのか。

 心というと、なにか暖かい、胸のあたりにあるものを日本人は想像するようですが、英語ではmindと言います。英語圏の人たちがmindと言ってどこを指すかというと、頭です。

ヨーガスートラの心とは、この頭のほうを指していて、広い意味で「思考」を意味します。

 

ヨーガスートラはその冒頭でいきなり「心(思考)」こそが問題であることを明示しているわけです。

問題は心であるとした上で、その働きを止めることが解法であると示しています。

 

どれほどの人が「心」が問題だと考えるか、しかし思考こそが「無明」や「マーヤー」あるいは「地獄」「悪」「罪」などと呼ばれるものの「もと」なのだという話はとりあえず棚上げして、「思考が止まる」ということについて書きます。

 

さて、心が止まったことがあるという自覚のある人はいないと思いますが、実は、思考の止まった状態を多くの人が経験しているものです。

 

どんな時に思考が止まっているのかというと、たとえば、毎年春になると一斉に咲き誇る桜の花、あれを見て、私たちはなにか感じるわけです。言葉にならない、なにかを、その一瞬、言葉にはならずとも桜の花を深く理解するというか、要するに感動するわけですね。感動は、正確には言葉になりえませんので、たとえば芸術家たちは、なんとかそれを捉えようと表現するわけです。

 

この一瞬、人は思考が止まって、見ているものをただ理解します。あるいは、世界の中に深く安らぐというか、とにかく、特別な一瞬ですね。人はこのことを「美しい」とか、「幸福」だとか形容するのだと思います。

 

思考は止まることがあるのですが、それを自覚するすることはあまりないようです。しかし、これはやはり自覚が必要で、思考ではない認識主体をはっきり自覚することが大切です。

それには、瞑想をたんたんと続けるしか、ない。