思考に気づく


ヨガでも仏教でも「心」を問題視しています。心とは何かというと、思考とか感情、思考が作る思想とか観念とか。
ヨガやその他の(まともな)宗教はこの「心」こそ問題であるとして、その異常性を色々言っているわけです。

実際に心が問題なんだけど、実は、これが本当にわかれば、もうこの問題は突破できたも同然ではないかと思います。


心が問題で、心がどんなに異常か、どれだけ自分自身を不自由にしているか、こんなことは、いっくら本を読んだり勉強しても、無理、到底理解できるものじゃない。これは実際に自分の心を見るしかないです。入って行くしかない。

これは時間のかかる作業です、心という目に見えもしないものの、強烈な癖とか、傾向を見なきゃいけないんだから、大変です。
しかし、心が問題かもしれないんだと思うなら(そしてそれは事実です)、時間をかけてでもそこに入って行くしかありません。途方もなく時間がかかるかもしれませんが、それしかないです。

具体的には瞑想をしますが、瞑想を始めるとまず自分の雑念の多さに気づきます。これはヨガクラスでも同じです。ヨガを始めたばかりの人たちの多くが、雑念がすごいんですということをよく言います。つまり、何かに集中しなきゃいけない状況で、逆にひっきりなしにろくでもないことをああだこうだ考えていることがだんだんわかってくる。
エックハルト・トールは、この自分の思考に気づくことで、思考に巻き込まれず、思考が起こっては消えてゆくのに任せることができるといいます。思考が自分ではなく、気づいている主体があり、(Being)それが本当の自己である、と。
ところでこれは、私の経験ではそんなに簡単にはゆきません。思考が起こって、たとえば憂鬱な気分になったとして、今憂鬱な気分になっているなと気づいたところで、そのまま憂鬱でいないでいることは、ほとんど不可能です。

しかし、ある地点をすぎると、思考に「気づく」ことができるようになります。
私の場合、「思考とは殆ど有害であり、無意識にその思考に突き動かされている」ということがわかった時からです。この時、「それなら、思考に全て気づいてやる」と心に決めました。それ以前は、思考が殆ど全て有害であるとは思っていませんでした。

おそらく、この時に思考を自分としておくのをやめたのだと思います。それまで自分の声として従っていたところの思考を、徹底的に見ることで、思考を他者と転じて、自己の転換が起こったのではないかと。それで、それまでどんなに思考に気づいたところでそこから離れることはなかったのに、転換が起こった後なので、簡単に離れることができるようになったのではないか。

ここからさらに突っ込んで、では、自分とは なに?という問いをたてることができます。
一つの結論は、思考が自分ではなく、思考ではないもう一つの主体があるということ。この先はまたいずれ。