心を観る

瞑想者として、ヨーギとして、自分自身の心を観ることは必須であり基本です。

心を観るといっても、まず、その心とは、常に物事を判断し良い悪いにより分けて分別(distinction 仏教とはこの分別を超えることをいいます)するものである、ということを知る必要があります。
人は何かものを見て、好きか嫌いかと瞬時に判断します。ものに限らず状況に対しても好ましいか好ましくないかなどと常に判断をし、初めて会う人に対しても初対面にも拘わらず好きだ嫌いだと判断しているものです。
この判断の仕方が人によって様々であり、その人の育ってきた環境とか経験、持って生まれた傾向などによって、判断、反応の仕方がそれぞれ違ってきます。
要するに、人はそれぞれに反応という色メガネ越しにこの世を見ている、ということ。
もっというと、それぞれが個々の映画、あるいは物語の中を生きている、といえます。
このことをヨーガのルーツであるヒンズー教では、妄想・マーヤーとよび、人間とは、心が作り出す妄想のなかで生きる、いわば精神病を患った状態だというのです。そして、実際に人は妄想の世界を生きています。これは本当に恐ろしいことです。
たとえとしてこの話がふさわしいかどうかわかりませんが、ヨーガクラスの生徒さんで、昨年、末期ガンが見つかった方がいらっしゃいます。とても上品な方で、摘出手術後も可能な限りクラスに参加していましたが、過酷なガン治療のために体がボロボロになり見る影もなく痩せ細ってゆき、ついには支えがないと歩けなくなったと、クラスにもみえなくなってしまいました。暫くして、その方から手紙を預かりました。内容は、身体的苦痛にくわえ精神的苦痛についても書かれており、具体的にはご主人についての失望、悔しさが綴られていました。クラスでは一切ネガティブなことをおっしゃらない方でしたので、その悲痛な叫びに胸が痛みました。
元気であれば離婚していた、ともありました。しかし、余命いくばくかというこの状況で、この方が救われる唯一の道は、今となっては不可能である離婚ではなく、心の解放、自分自身の心から自由になる以外にありません。手紙にはこうもありました、「(主人の非道さに)はやく気付くべきだった」。しかしこの文面には真実も含まれていて、裏を返せば「気付くべきものはなかった」とも言えるわけです。病気による苦痛と混乱が、不信や不満などネガティブなものを生み出してしまったことは簡単に想像できます。
なんとか心の苦痛から解放されて欲しいと思うものの、ここを説得するのも実は大変至難なことです。
なぜなら、ご主人が非道で、病気で苦しんでいるときに手も差し伸べてもくれなかったということが、この方にとっての事実であるから。これが、妄想、その人自身を苦しめるもの。
心を観ることがなぜ重要なのかというと、妄想に入り込んでしまっていないかどうかを、チェックできるからです。
具体的にいうと、ネガティブな反応(不快、怒り、不満など)が起こった時が、妄想を作りかけているというアラームが鳴っている状態であり、自分の心の反応をよくよくチェックする必要がある、ということ。反応の仕方は、最初にも書いた通り人それぞれ、育ってきた状況や、経験によって影響を受けています。簡単にいうと、心の癖です。この癖を自覚し、手放してゆくことで、私たちは自分自身の心から自由になってゆくことができます。
常に心を観ることがなにより大切です。
心の働きに無自覚でいればいるほど、妄想の世界に入り込み、ついには自分自身と他者をも深く傷つけることにもなります。
アラームは、ネガティブな反応です。ネガティブな反応というアラームが鳴ったとき、無自覚に妄想を作り続けるのではなく、自分の心のくせに気づく好機ととらえること。これが肝要です。